© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

Please reload

ソーシャルメディア

August 12, 2017

CTAC参戦予定車両の製作もいよいよ佳境に。

フロントデュフューザーを下駄を噛ませて低めに製作&取付しました。

この車両はエンジンスペックもかなりなので、車速もでる予定ですので、空力関係はちゃんとしないとバタついたり、最悪は取れてしまいます。

複合板レベルでも、数百キロ単位のダウンフォースは掛ります。

個人的には、FF車両はあまり激しいのは必要ないですね。

足回りをちゃんと出来ていれば高速飛び込みでもちゃんとグリップして巻いて行きます。

GTウィングは抵抗でしかありませんが、特にFFは有った方が楽です。

抵抗にならない程度で前後バランスのとれた空...

August 12, 2017

自分の車両を更なる軽量化として、GTウィングステーを僅かの差では有りますが、ステンレスからチタンに造り直しました。 

他の作業もあり多忙な中、合間を縫って10分ほどで製作。

まあ、楽勝です。

要望があれば、承ります。

約L500mmでM6ロッドエンドを付けて(画像の状態)、20000円です。

まあ、需要なんて無いと思うのですが(笑)

 

August 12, 2017

2018年のATTACK筑波に向け、更なるステップアップでの依頼です。

B型最強Specですが、パワーチェックで出る数値が全てではありません。

エンジンは単純に回転を上げれる仕様で造れば見掛けの数値は出ます。

当然、中間を犠牲にしてバルタイやカムを選定。またそれに見合ったギアレシオにすればストレートは間違いなく速くなります。

が、自分個人の好みだと、ピークパワーを5馬力下げても中間で上げる方が乗り易いですね。

今月末には完成予定です。

July 18, 2017

今週末から、エンジン月間です。

昔製作してから載せても無いB16Aをいよいよ換装します。

少し色々あり、貴重な若いドライバーの芽を絶やす事の無いようにお手伝いです。

そんな繋がりと好意もあって、車両を使わせて頂く事になり(当然オーナーの所有)、

我がKEWに保有するパーツと技術を投入することとなりました。

ECUは自らがHONDATAで実走行にて煮詰めます。

並行して、ATTACK筑波マシンエンジンも始めます。

誰もが知る、黄色いEG6絶対王者のYF★RKEW号です。

詳細はここでは記載しませんが、KEWデモカーと同等仕様です。

国内B型エンジンとし...

July 12, 2017

隠れた部品に拘っても見えないですよねw

今はカーボンクラッチが主流ですが、自分も以前使いましたが、確かに使いやすいし切れもOK。

ギアもスコスコ入ります。

ですが、今はこれを使ってます。

EXEDYのSPL品、メタルツインプレートでダンパー無し。

フライホィールと合わせても7.35kgしかありません。

ダンパーレスなので、半クラッチは使い難くてガレージ内や小移動時はが、走りとなると凄く切れ味抜群。

繋ぐと一瞬加速する感じがあります。

クラッチは結構重要で、違いありますよ!

July 11, 2017

色々製作してきた一部をUPします。

どれも車両の全てを製作。

綺麗ですね。

まあ、自分で言うのもなんですが、器用な方なので・・・・

July 11, 2017

ボディー補強のその他車両をUPしときますね。

最初の画像は前々のガレージで、大分県の方からのEG6。

次の画像は、ATTACK系で超有名なイエローファクトリーシステム販売さんのEG6。

最後のは自分の車両です。

すでに過去、色んな画像が右クリック保存されて真似されてる逸品ですね。

スキルと綺麗さは別格です。

もうボディやらないのは勿体ない・・・・・w

画像は少ないですが、かなり多数の補強をしてきています。

July 11, 2017

KEWではボディー補強は現在止めました。

かなり面倒臭いので。

現ガレージでは作業スペースや近隣の都合でってのが・・・・・本当の理由。

KEWの名の如くエンジンメインですが、ボディーはかなり好評です。

バランス然り、また圧倒的な溶接の綺麗さ。

因みに、画像のFD3Sは間瀬メインで走る筑波ATTACK車両です。

July 11, 2017

4スロネタの続きですが、換装した状況をUPします。

個人的にKEW的ビジュアル。

お気に入り作品

July 11, 2017

2001年、シビックフェリオにWEBERキャブを付けて以来、ずっと独立スロットル派。

まあ、単にカッコ良いのが基本ですが、中間域はシングルスロットルよりもパワフル。

シングルの方が高回転が抜けて行く感覚はあるけどね。

キャブ当時分からず、セッティングも苦労しましたが、コツさえ掴めば非常に簡単。

今は全て売却してありませんが、その後はインジェクションに。

一旦、ECUがセット出来てしまえば、普通に走れてしまうので、サーキットでは気苦労も無く走りに集中できます。

今現在、個人的にTWMφ52を使用中で、高回転エンジン用にもう1SET、TWMφ52を...

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square